ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年10月29日土曜日

「IoT」とは、ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界

IoT」とは、「ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界」のことです。

IoT」は「Internet of Things」の頭文字を取った単語で、日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。

IoTを簡単に説明すると、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。

以前にも同じような、ネット家電、スマート家電という言葉がありましたが、これは、冷蔵庫やTVなどの家電をインターネットに接続するものでした。IoTは、その考え方をすべてのものに拡大した考えでもありますね。

実は、IoTは、機械同士がネットワークでつながるM2MMachin to Machine)の考え方から来ており、あらゆるモノがインターネットにつながり、人を介さずモノ同士が連携することも想定されています。

例えば、橋や建物などの建物にセンサを取り付け、強度を常に把握し、適切なメンテナンスができ事故を未然に防いだり、サッカー選手のすね当てなどにつけたセンサから、選手の疲労度や戦術の理解度などを測るといった事例も既に出ているそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿