ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年9月29日木曜日

脆弱性(ぜいじゃくせい)は不具合(欠陥)のこと

脆弱性(ぜいじゃくせい)は不具合(欠陥)のこと。

「脆弱性(ぜいじゃくせい)」とは、”脆く(もろく)、傷つきやすいこと”で、攻撃に対して弱いこと、つまりパソコンなどのコンピュータの弱点を意味します。

脆弱性(ぜいじゃくせい)
=パソコンなどのコンピュータの不具合(欠陥)

と考えて良いです。

用例:
①「Webサイトの脆弱性が発見された」
・・・Webサイトのコンピュータに不具合(欠陥)が見つかった→そのサイトは使わない方が安全
②「ソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃が発見された」
・・・ソフトの不具合(欠陥)をねらった攻撃があった→ソフトの最新版への更新が必要
③「ソフトの脆弱性が修正された」
・・・ソフトの不具合(欠陥)が修正された→ソフトが修正されたので最新版への更新が必要


パソコンの中には、Windowsなどの基本ソフト(OS)、Office、ブラウザー、メール、PDFリーダ、Flashプレイヤーなど多くのソフトがありますが、これらの「脆弱性」つまり、「不具合(欠陥)」が狙われます。

攻撃は、ソフトが扱うデータに、ソフトの不具合(欠陥)を悪用した仕組みを入れて、ウイルスなどに感染するようにします。

もし、このソフトに不具合が残っていると、データをソフトで読み込んだ時点でウイルスに感染します。このような危険を防ぐために、ソフトは常に最新版に更新して不具合を修正しておくことが大事になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿