ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月23日土曜日

WPSは無線LANの自動設定機能

WPSは無線LANの自動設定機能で、無線LAN機器の接続やセキュリティに関する設定を容易に行うことができます。20071月に無線LAN関連の業界団体Wi-Fi Allianceが規格を定めた。

同じような言葉に「AOSS」がありますが、これはバッファローという会社が考えた、無線LANの設定が簡単にできる仕組みで、このAOSSを標準化した規格が「WPS」です。

無線LANの接続や暗号化などに関する設定は、項目数や選択肢が多く、用語も難解なため、初心者にとっては困難でした。

そこで考えられたのがWPSで、このWPSに対応した機器同士は、簡単な操作で無線LANの設定を行うことができます。

WPSでは、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が親機となり、パソコンやゲーム機など接続したい子機にSSIDWPAの設定などの情報を送り、設定を完了します。

0 件のコメント:

コメントを投稿