ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月23日土曜日

WiMAX、WiMAX2+は、高速ワイヤレスインターネット回線

WiMAX」「WiMAX2+」は広範囲で、無線でインターネット通信ができる、高速ワイヤレスインターネット回線です。

通常、ドコモなどの携帯会社の携帯やスマホでは、通常の電話以外に、携帯会社の回線を使ってインターネット接続しますが、「WiMAX」「WiMAX2+」は、”インターネット接続に特化した無線サービス”だと考えて良いと思います。

なお、サービスを利用する場合、WiMAXルーターという小型の機器を導入するだけで、簡単に無線でインターネットを利用することができます。

2013年にサービス開始した「WiMAX2+」(ワイマックス ツープラス)は、従来の「WiMAX」の上位に位置づけられるサービスで、通信速度も早く、利用できるエリアも広いので、20166月現在、離島でも利用できるエリアがあります。詳しくは以下を参照下さい。

 サービスエリア|UQ WiMAX,UQ mobile
 http://www.uqwimax.jp/area/

Wi-Fiのような狭い範囲の無線LANとは異なり、広いエリアで利用可能で、外出中や移動中も高速の通信が可能です。ひとつの基地局でカバーできる範囲が、無線LANに比べて広く、技術的には最大半径3kmまでアクセス可能です。

WiMAXのサービスは、本家本元のUQ WiMAX以外に、GMOとくとくBBBroad WiMAXなど多くのプロバイダーが提供していますが、全てUQ WiMAXの回線を利用してサービスを提供しています。



Wi-Fi」「WiMAX」の違いとは?

自宅のような狭い範囲で使う無線が「Wi-Fi

Wi-Fiはあくまでも家や職場、空港・ホテル・店などの狭い範囲で、無線通信をするだけで、その先は光ファイバーやADSLなど既設の回線がインターネット通信をしています。

自宅で使用しているNTTKDDIなどの光ファイバーやADSLのルーターを、無線LANルーターにすると、電波の届く範囲でWi-Fiが使用できるようになります。

広い範囲で使える無線が「WiMAX

WiMAXは携帯やスマホのように提供エリア内であれば、どこでもインターネットが無線で利用できるようにしたものです。

サービスエリア内であれば、WiMAXルーターという小型機器さえあれば、インターネットが無線で利用できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿