ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月23日土曜日

公衆Wi-Fi(ホットスポット、Wi-Fiスポット)とは  利用時の注意事項


無線LANを使用し、ごく限られたエリアでインターネットへの接続ができるサービスです。コンビニ、空港、駅、ファーストフードなどにおかれ、町中で高速通信のインターネットが利用できます。

公衆無線LANWi-Fiで接続されており、ホットスポット、Wi-Fiスポットなどと呼ばれます。



公衆Wi-Fiは危険! 利用時の注意事項とは

公衆Wi-Fi(ホットスポット、Wi-Fiスポット)は安全対策が不完全なものがあります。というか、公衆Wi-Fiでは、安全対策はほとんど実施されていないと考えたほうが良いと思います。

メール、SNS、オンライショッピング、オンラインバンキングなどを利用するときは注意しましょう。できれば、このようなサービスは利用しないほうが無難です。

公衆Wi-Fiのような安全性が不明な場所でインターネットを使う場合、個人情報を使うサイトはURLが ”https://”となっていることを確認してください。

URLが ”https://” (httpに”s”が付く)になっているときは通信が暗号化され安心

なお、オンライショッピング、インターネットバンキングなど、重要な個人情報の入力するサービスは、公衆無線LAN、公衆Wi-Fiでは利用しないほうが良いです。

  公衆Wi-Fiでは ショッピング、オンラインバンキングは利用しない!



なお、誤って公衆Wi-Fiに接続すると、その後、自動接続されるので、使わない場合は、自動接続を解除しましょう。以下は、ドコモ製 Android端末(v4.4.2)「SH-04F」での、自動接続解除の例です。


0 件のコメント:

コメントを投稿