ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月16日土曜日

無線LANの通信速度規格(11b、11g、11a、11n、11ac)とは

無線LANの規格は、通信する速度などによって「11b」「11g」「11a」「11n」といった規格があります。

■11b・・・最大速度は11Mbps(周波数帯域2.4GHz帯を使用)

速度は遅いですが、ほとんどの無線LAN機器が対応しています。壁などの障害物に強く、伝送距離も比較的長いため、オフィスや壁面の多い家庭内の1階と2階の通信などに向いています。
なお、電子レンジと同じ周波数帯域を利用するため、電子レンジなどを利用することで電波が乱され、接続できなくなったり、速度低下が発生します。

■11g・・・最大速度は54Mbps(周波数帯域2.4GHz帯を使用)

最大で54Mbpsの高速通信を実現します。通信速度が速い上、11bと互換性があるため、通信可能な接続機器が多いという特徴があります。
ただし、2.4Ghz帯を使用するため、電子レンジなどの周波数帯域と重なり、接続できなくなったり、速度低下が発生します。

■11a・・・最大速度は54Mbps(周波数帯域5.2GHz帯を使用)

通信速度が速く、電子レンジや Bluetooth などの周波数帯域を使用しないため、干渉による速度低下などの心配がありません。ただし、周波数が高い(波長が短い)ため、障害物による影響を受けやすい欠点があります。

■11n・・・速度は300Mbps~450Mbpsまで高速化(周波数帯域2.4GHz帯、5.2GHz帯の両方を使用)

通信距離の長く、障害物があっても高い安定性を持つなど多くの利点があります。5.2Ghz帯を使用すれば、電子レンジなどによる干渉もありません。

■11ac・・・速度は433Mbps~約7Gbpsの高速データ通信(周波数帯域5GHz帯を使用した通信規格)

アンテナを複数使用して通信帯域を拡張するMIMO(Multiple Input Multiple Output)を駆使し、電波の効率的な送受信を行うものとしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿