ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月8日金曜日

パーソナルファイアウォールでインターネットの不正通信を防ぐ

インターネットの不正通信を防ぐのが「パーソナルファイアウォール」です。

個人のパソコンがインターネットにつながっている場合、極端に言うと、パソコンは「インターネットから丸見え」の状態になっています。

最近は、ADSL、光ファイバーでインターネットに常時接続する時代になりましたから、パソコンはインターネットから常に「丸見え」の状態になっています。

この「丸見え」の状態からパソコンを守り、インターネットからの不正な攻撃や、パソコンからの情報流出を防ぐのが「パーソナルファイアウォール」です。

■パーソナルファイアウォールとは

パーソナルファイアウォールとは、インターネットと個人のパソコン間の「通信を監視するソフトウェア」です。

インターネットから個人のパソコンに不正な通信があった場合、それを止めたり、また、パソコンからインターネットへの通信も監視して、インターネットへの不正な通信を止めてくれます。

個人のパソコンのインターネットとの通信を監視し、外からの攻撃を防ぎ、また個人のパソコンに潜む不正なソフトウェアが、インターネットに情報を流出させるのを止めてくれるソフトウェアが「パーソナルファイアウォール」、つまり、「家の玄関を守るガードマン」みたいなものです。

最近のウイルス対策ソフトは、ほとんどが、この「パーソナルファイアウォール機能」もセットになっています。

WindowsにもXPSP2以降、簡易的な「パーソナルファイアウォール機能」が付くようになりましたが、一番、機能的に優れ使いやすいのは、通常のウイルス対策ソフトの「パーソナルファイアウォール機能」です。ぜひ、この機能を活用しましょう。


なお、ブロードバンドルーターも外部からの攻撃をある程度防いでくれますが、万全とはいえません、この「パーソナルファイアウォール機能」も利用したほうが安全です。


《補足》”ファイアウォール”と”パーソナルファイアウォール”の違い

ファイアウォール (Fire Wall) "防火壁" の意味で、ネットワークの外側からの攻撃や侵入を防ぐための仕組みです。以下の機能があります。

 ・内部、外部からの通信を選択的に透過、遮断する
 ・ログに攻撃などの記録を残す


企業などがインターネットに接続するところに置くファイアウォールの専用装置は、ネットワーク全体を守るのに対し,パーソナルファイアウォールは1台のパソコンを守るという点にあります。

パーソナルファイアウォールは、「パソコン用のソフト」としてパソコンにインストールして使うソフトです。

0 件のコメント:

コメントを投稿