ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月27日水曜日

アップデート、アップグレード、バージョンアップ共に、”ソフトの修正(更新)”

バージョンアップ(version-up)


ソフトウェアやハードウェアをより性能の良いものに、機能を強化し、新しくすることです。バージョンアップの”version”は”版”ですから、”版を向上する”つまり機能アップするということです。

よくver2.1などと表示されていますが、verはversionの略です。バージョンアップにも段階があり、「2.1」の整数部分が変わったら、大幅に変更した場合、小数点以下が変わったら、少し変更した場合になります。


アップデート(update)


ソフトウェアを最新の状態に更新することを「アップデート」といいます。不具合の修正、小さな機能向上の提供など、ソフトウェアの小規模な更新のことです。

バージョンアップ、アップデートは、ほぼ同じ意味と考えて良いです。

修正プログラムやアップデートファイルなどで提供されることが多く、「Windows Update」はそのひとつです。


アップグレード(upgrade)


「性能向上」「ランク(グレード)を上げる」といった意味があり、小さな修正というよりも、全体や主要な部分を作り変え、多くは「新しいもの」として提供するときに使われます。

しかし、アップデート、アップグレード、バージョンアップ共に、”ソフトの修正(更新)”だと考えて良いです。厳密に考えて、それぞれの言葉を選択している場合は、ほとんど無いです。


サービスパック(SP、Service Pack)


マイクロソフトが出荷済みのソフトウエア(WindowsやOffice、IEなど)の不具合を修正するため、修正ソフトウェアを集めたものです。「Windows XPのSP2」というように使われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿