ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月23日土曜日

親機(アクセスポイント)と子機、無線LAN接続方法

無線LAN 親機(アクセスポイント)と子機

無線LANWi-Fi)を使う場合、無線LAN環境を構築する、無線LANルーターが必要で、これを親機(アクセスポイント)と言います。

親機(アクセスポイント)は、無線でのインターネット接続の窓口になります。

なお、無線LANでインターネットを利用する場合、パソコンやスマホを、親機の無線LANルーターに接続して利用します。このときのパソコンやスマホなどのことを「子機」といいます。

パソコンなどの子機を接続する場合、親機(アクセスポイント)名を示すSSIDを入力して接続しますが、SSIDを選択するとき、通常パスワードの入力を求められます(入力不要の場合もあります)。

このパスワードは、通信内容を暗号化すルーターめに必要で、「暗号化キー」や「セキュリティキー」などと呼ばれることもあります。暗号化キーは、SSIDごとに異なります。




無線LAN接続方法



無線LAN親機(Wi-Fiルーター)が持っている、SSID、暗号化キーを確認してください。

SSID   無線LANに付けられた名前(ID
(通信方式・・・11b11g11a11n11ac

②暗号化キー(パスワード) WEPWPAWPA2に対応した暗号化キー

*安心できるのはWPA2の暗号化キー、次にWPA
WEPの暗号化キーは弱いので注意!

SSID Service Set ID と呼ばれ、無線LANに付けられた名前(ID)です。IDを知らなければ通信することができません。
*無線LANに接続するためには、無線LANが持っている名前、SSIDを探して接続します。

無線LANに接続したいパソコン、スマホなどに、SSIDと暗号化キーを入力して、接続します(接続方法は、パソコン、スマホの説明を確認下さい)。




0 件のコメント:

コメントを投稿