ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年7月14日木曜日

パケットとはインターネットのデータ通信の方法、またパケット料金とは

パケット

インターネットには、世界中のメールやホームページなどのデータが流れています。このデータの送り方に工夫がしてあります。それが「パケット」です。”パケット”という言葉は、本来は”小包”という意味。

 データを小さく分割して伝送するのが「パケット通信」

インターネットでは、メールや画像データなどを小さな単位(これがパケット)に分割して送信しています。
小さな単位のデータには、宛先があり、受け取る側で、このデータを集めて、元のデータを復元します。
「パケット」という小さな単位にデータを分割して送ることで、平等に多くの人のデータを、インターネットの回線で送ることができます。また、それぞれのデータに宛先があるので、混乱しません。

パケット料金

携帯・スマートフォンの文字・画像・動画のデータ通信は、データを小さく分けて通信する「パケット通信」です。その為、データ通信の料金を「パケット料金」と言います。

携帯・スマホ料金は大きく分けると、通話料金とデータ通信料金とに分けて考えられます。

データ通信料金はメール、インターネットなどの通信にかかる料金です。なお、課金の方法はいかになっています。

  通話料金   ・・・使う時間によって課金される

  データ通信料金・・・送受信されたデータ量(パケット数)で課金、
             これが”パケット料金”


携帯・スマートフォンの通話料金は時間で課金されますが、メールやインターネットのデータ通信料金は、やり取りしたデータ量(パケット量)で課金されます。

通話は、相手との通話の時、一つの通信回線を占有する為、使っている時間の長さで料金がかかります。

しかし、メールやインターネットでの文字・画像・動画のデータ通信の場合は、データを小さく分割することで、一つの回線を複数の人が利用するので、通信時間ではなく、やり取りしたデータ量で料金が算出されます。

インターネットを使う場合、パケット通信料は高額な料金になるので、「パケット定額制」を利用するのが原則です。

0 件のコメント:

コメントを投稿